TOP
49.34score

coinmikan

スポンサーOvertex

ビットコインFaucetのbotはどのようなものか

無料でビットコインがもらえるビットコインFaucetで一番わずらわしいのが、ロボットじゃないことの証明ではないでしょうか。

人間でも理解できないような変な読みにくいローマ字を理解して打ち込まないといけません。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ところが、最近では、画像を選択したり、パズルみたいに絵を揃えたりするものに変わってきています。

それは、Faucet用ロボット対策であると考えられます。

インターネットで公開されているFaucet用ロボットを調べてみたことがあるのですが、

それはどんな仕組みかといいますと、

ブラウザを操作するスクリプトでできていて、Faucetサイトの認証画像を保存します。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

そして、そのが画像をスクリプトが別のページを開いて

文字や数字の画像を解析してくれるサービスのページにアップロードしてくれます。

だから、あらかじめ、そのサービスに登録して利用料金をチャージしておかないといけません。

そのサービスは、そういった認証画像を解析する内職のようなことも提供していて、

その内職をする人が数字や文字を見て打ち込んでくれるのです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

画像をアップロードすると、その数字や文字のテキストが表示されるので、

スクリプトがそれを記憶して、またFaucetサイトにもどって文字を打ち込んで、

ボタンを押してくれるのです。

これを、指定した時間間隔で繰り返してくれるのです。

スクリプトではなく独立したソフトウェアになっているのもありましたが仕組みは同じです。

しかし、最近では数字や文字の画像を使った認証のFaucetは減ってきていますので、今ではあまり使えないロボットです。

Faucetを運営するにはビットコインを買わないといけません。

Faucetを利用する人が多くなり、Faucetの運営が多くなるほどビットコインは買われるのです。

Faucetを利用する人が得るビットコインはとても小額なのですぐに売ったりはされません。

Faucetのおかげでビットコインの流通が増えていたのです。

でも、Faucetでビットコインが動いていた背景には、そんなロボットのおかげでもあったということを知っておくのも面白いですね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

zaifの手数料マイナスはお得ですね。

仮想通貨取引所。bitcoin(ビットコイン)/BTCや、NEM(ネム)/XEMや、日本産の暗号通貨モナコインの取り扱いもあり、売買や決済サービス、コイン積立な

取引手数料マイナス0.01%のzaif

.

最終更新日:2016-03-26 05:54

コメント (0)